新築の玄関タイルを選んだ時に、あ~失敗したと思うこと…

新築の家の玄関タイルの色をできるだけシンプルに、つまり混在する色がない単色で選ぶと、後で失敗しま絶対に後悔します。

理由は、玄関タイルと外の雰囲気が合わせにくかったり、玄関マットのデザインが選びにくかったり、そもそも玄関タイルの色が単色で派手すぎると、どうしても玄関がまとめにくくなるからです。

また、タイルのつなぎ目が少なければ少ないほど、タイルの汚れが目立ちますし、手入れ、特にタイルの吹き掃除が大変になってします。



玄関タイルを選ぶ際は、こういった意識で選ぶことが大切なポイントです。

実際に我が家が失敗したタイルの模様は、一見、汚れが目えにくそうで、お手入れもしやすそうなアイボリー系のデザインタイル…しかもツヤ化工が施されたもの…。

しかし、玄関タイルとして使用して失敗したなと、と感じることがたくさんあります。

まず、雨の日などで靴が汚れた日の翌日に、汚れが非常によく目立つとうこと。

さらにつや加工は表面上はきれいですが、傷がつきやすいというデメリットがありますから、玄関タイルとしての使用には注意が必要だと思います。

我が家の玄関タイルは、正直言って、日々、玄関の汚れに神経を使う、といった非常にお手入れのかかるとっても後悔した玄関タイルです。

縞模様のデザインタイルは、失敗・後悔から生まれたこれならと思って考えたタイルです。

参考にしてください。

PR