家づくりの工事現場を見てわかること


住宅建築の現場をみると、
今まで図面だけではわからなかった…
いろいろなことがわかってきます。

具体的に言うと…

陽のあたり具合や日陰になる部分がどこか…
などです。

注文住宅の場合の家づくりは、
建売住宅の住宅購入と決定的に違うことがあります。

それは家づくりに失敗したかどうかは、
家が出来上がらないとわからない…
ということです。

これが注文住宅の特徴です。

だから今まさに建てている工事現場をみてみること…
そうすると今までわからなかった部分がよくみえてきます。

新築住宅の一戸建て工事現場を実際に見て感じる…
これは家づくりに失敗しない大切な感覚だと思います。

建売住宅の購入と違い、そこでしか気付かないことがたくさんありますから…。

カウンターや収納棚の高さの変更や追加など、
実際の使い勝手を考えた場合、必ず変更が生じてきます。

このような変更は工事現場を実際にみたり、
打ち合わせをしないとできないものです。

>>家づくりの設計や間取り検討だけでは気付かないこと

PR