ハウスメーカーや工務店と住宅契約する際の失敗談


ハウスメーカーや工務店と住宅契約する際の失敗談です。

住宅契約は、新築工事をしてもらうハウスメーカーや工務店との請負契約です。

その契約に至るまでには、
まず住宅会社ハウスメーカーを決めて、
間取りや住宅設備の仕様など細かな部分まで決めて、
やっと最終的な契約となります。

この段階を踏まえないで契約してしまうと、
後で後悔しても契約解除できません。

違約金を支払うはめになってしまいます。

だから、契約行為は特に慎重になる必要があります。
注意が必要なのです。

簡単に言うと、軽い気持ちで住宅会社と契約してしまうと、
後が大変になりますから…

ハウスメーカーや工務店と住宅建築契約を交わす…
このことは、その会社と一生お付き合いする、
そういう意味です。

失敗してしまうのは、家づくりを始めてから早い段階での契約行為です。

住宅建築契約はもっと慎重さが必要です。

新築一戸建ての家づくりをするなら、
ハウスメーカーとの契約を焦らない…

これは家づくりに失敗しない鉄則だと思います。

>>家づくりの契約後によくある失敗談

PR