夫婦間で家づくりに温度差があってはダメです…


新築一戸建ての家づくりで失敗しないために、
非常に大切なことがあります。

それは夫婦間で家づくりに温度差があってはならない…
ということです。

家づくりでとても積極的なのは、多くの場合奥さんの方です。

奥さんが一人で現地見学会や完成見学会などに参加している…
これはよく見かけられます。

奥さんが家づくりに熱心…
そんな姿勢の表れでしょう。

でも、これでは間違いなく家づくりに失敗してしまいます。

なぜかというと、そこに旦那さんの存在がないからです。

奥さんが家づくりに熱心でも、
旦那さんが家づくりに積極的でなければ、
家づくりに必ず失敗します。

その逆パターンもそうです。

これは新築住宅づくり、家づくりへの姿勢の問題です。

夫婦どちらか一方が突出しすぎると、
あまりいい家づくりはできないのです。

新築一戸建ての家づくりは、夫婦2人3脚の共同作業…

夫婦間に家づくりの温度差があると、
バランスの悪いと家づくりとなってしまいます。

家づくりに成功する夫婦と失敗している夫婦の違いは、
夫婦間のバランス差だと思います。

>>ハウスメーカーや工務店と住宅契約する際の失敗談

PR