30歳代で住宅購入しておく理由は資産形成のため


住宅購入の平均年齢は、低年齢化が進んでいます。

その理由は、住宅市場の動向によるものが大きいと思います。

具体的には、不動産価格の下落や住宅ローン金利の低さです。

今の時期は、本当に一戸建てをお得に買える時期なのです。

住宅を今のうちに購入する…
そのような理由で、若いうちに住宅購入に踏み切る人が多い…
そう思います。

そえは間違ってはいないと思います。

このように考えると、住宅購入の低年齢化は、
今の経済の状況が一番の原因なのかもしれません。

しかし、景気の見通しが不透明な今だからこそ、
住宅を購入して資産形成に安定を求めるのは、
ごくごく当たり前のことだと思います。

結婚適齢期がその人によって違うように、
住宅購入に適した年齢もまた人それぞれです。

若いうちに住宅ローンを組むのではなく、
頭金をしっかりと貯めた後に住宅を購入する…
そんな方々もいます。

ただ、いづれにしてもこれだけは言えます。

「家をいつか買いたい」と思うなら、
人生設計ある程度固まって、住宅ローンの返済能力もある、
そんな30代のうちに購入しておくこと…
これが最も賢い方法だということです。

PR