2階リビングの間取りで失敗しない暑さ対策


2階リビングの間取りづくりで、暑さ対策に失敗しないためには、一体どうすればいいのでしょう。

かりに家づくりをしてしまった後でも、すぐにでも出来ることがあります。
それは南側の窓に日よけのスダレやヨシズを立て掛けることや、西日の熱に対しては、窓には遮熱フィルムを張ることで室温の上昇をある程度は抑えることができるのです。

しかし、これらは完成してしまった家に施す夏場の暑さ対策です。
やはり、できるなら新築の間取りづくりの段階から、さまざまな2階リビングの暑さ対策を施す必要があると思います。

新築一戸建ての2階リビング間取りづくりのポイントとして…


  • 2階リビングの南面に大きな窓を採用する場合、オーニングや長い庇がとても有効です。窓は複層ガラスがよく、遮熱タイプのLow-Eガラスは冬場の日射を返って遮るのであまり暖かさを感じることができません。
  • 天窓を取り付けたいなら、南側ではなく北側の方が最適です。特に、天窓自体のガラスの性能も上がっているので遮熱タイプのガラスを使うとより効果的ですが、あまりにも大きすぎると天窓のデメリットの方が大きくなりますから、注意が必要です。
  • 天井裏の空間を大きくすることは重要です。天井裏の空間は熱対策の意味もありますので、屋根勾配に沿って天井を斜めに造るのではなく、天井裏の断熱空間として使用することをおすすめします。
  • 断熱材は、次世代省エネルギー基準を基に性能のいい断熱材を採用しよう。
  • 西側の窓からは低い高度から日差しがあたります。この夕方の熱は意外と厄介で、その熱が一晩中、2階リビングにこもる事がよくあるからです。
  • 南側の窓には、庇やオーニングが有効的ですが、西側の窓にはルーバーやLow-Eガラスなど遮熱性の高い窓がより効果的…。


このように新築一戸建ての間取りづくりの段階から、2階リビングの暑さ対策をしっかり施しておくとがいいと思います。

>2階リビングの間取りで工夫したいベランダ空間

PR