リビングに掃き出し窓を取り付けると間取りづくりに失敗する

新築を建てるときには必ずリビングに掃き出し窓がある方がいい…

もし、このように決まり切っているかのようなワンパターンな考え方を持たれているなら間違いです。
家づくりに必ず失敗します。

リビングは家族全員が集まるスペースという考え方は間違っていませんし、出来るだけリラックスしたい空間ですが、意外と家の外から覗かれたり見られやすい場所でもあります。

せっかく取り付けた掃き出しの窓ですが、意外とカーテンを閉めないと落ち着かない…
そんな家が多いのも実情です。

また、あまり広くない土地に建てられた一戸建ての場合、どうしても家の間取りを全体的に小さくせざるをえません。
そうすると一番広い空間でもあるリビングに最も影響が及んできます。

そのようなリビングの間取りに掃き出し窓を取り付けてしまうと、掃き出し窓の前に何も置けなくなり、非常に使い勝手が悪い空間になってしまいます。

掃き出し窓をやめて採光する窓を高い位置にしたり、縦長の窓にすることによって、プライバシーを守ることができますし、同時に窓の下にリビングソファーを置くこともできます。

つまり限られたスペースを有効に活用できるわけです。

リビングに掃き出し窓を取り付けると間取りづくりに失敗しやすくなる…
という意識を持つことで家づくりをスムーズに行いましょう。

PR