こんなにも安く購入できる住宅設備機器

一戸建ての家づくりをする中で、最も金額的に高いのはキッチンや洗面台などの住宅設備機器なのです。
でも、そんな設備機器を実はとても安く買える方法があることをご存知でしょうか?

最近では住宅のローコスト化が進んでいることもあり、直接、問屋から建材や住宅設備機器を買うことができるようになっていて、しかもとても安く買うことができるようになってます。

メーカーはもちろんお墨付の一流国産品です。  

例えば…

システムキッチン・・・定価の50~60%
洗面台・・・・・・・・定価の45~58%
トイレ  ・・・・・・定価の58~60%
エコキュート・・・・・定価の50~55%
ユニットバス・・・・・定価の50~55%(工事費含む) 
パーケットフロアー・・定価の50%前後(相場品なのでもっと安くなる)
室内ドア(枠含む)・・定価の38~50%
建築資材(木質資材)・・定価の50%前後
照明器具・・・・・・・定価の50~58%
アルミサッシ・・・・・定価の50%前後(組み立て、ガラス搬入費含む)
玄関ドア(アルミ製)・定価の50%前後
外壁サイディング・・・定価の52~58%
エアコン・・・・・・・定価の48~50%(商品のみ)

こう見てみると結構安くなるものですが、実はこれが本当の原価と言われるものなのです。
小さな地元の工務店でも、これだけ安くなってしまいます。

つまり、もっと大量にまとめて仕入れている大手ハウスメーカーは、実際、さらに安く仕入れてますから、かなりの値引き交渉が期待できるというわけです。


>家づくりの見積書の中には専門用語がいっぱい…


>「太陽光発電」イコール「オール電化」なんてもう古い!

PR