「太陽光発電」イコール「オール電化」なんてもう古い!

新築時に、次世代型エネルギーシステムを導入しておけば、光熱費なんかが恒久的にお得だったかな…。
なんて考える人は、家を建てたり買ったりした人には意外と多いものです。

例えば、太陽光発電パネルを載せやすい屋根形状にしておけばよかったとか、家を建てる際に今ほど電気供給量不足の問題について気にしていなかったので、自家発電設備(ソーラー・ガスエンジンによる発電給湯)までは検討しない場合がほとんどです。

でも、これって実はとても大切なことだったんだな…
と後で気づきます。

そんな失敗しない家づくりの一つとして、光熱費のエネルギー問題を考えるのは重要です。
今や電気をもらうんじゃなく、我が家で創る時代ですから…。

太陽光発電システムは自立運転機能で昼間なら停電時えも電気が使えるし、いざという時にとても心強い味方になると思います。

しかし、確かに太陽光発電は太陽エネルギーを電気に変える環境性に優れたシステムですが、「太陽光発電」イコール「オール電化住宅」と単純に考えていませんか?

一番いい組み合わせは、太陽光発電とエコウィルとの併設です。

実は太陽光発電とエコウィルの組み合わせはとても相性がいいということをご存知でしょうか?

エコウィルとは家の中で発電して、お湯をつくることのできるシステムのこと。
このエコウィルと太陽光発電システムをダブルで組み合わせたダブル発電なら、自宅で発電できますし、発電ロスもほとんどありません。

さらに、どちらも補助金制度が充実しているので、とっても便利だと思います。

いわゆるエコな設備として、今話題に上がっているのがこのエコウィルと太陽光発電の組み合わせだということを少し知っておくといいかもしれません。

PR