新築住宅に備えておきたい冬の寒さ対策

新築の住宅を建てて、初めて寒い冬を越す…
家に備えたその寒さ対策は、本当に効率的に新築住宅を温めてくれますか?

新築一戸建てに住むと、冬の寒い時期に初めて経験する部屋の温度には本当にびっくりします。
新築なのになぜ…
そんな後悔をもっとも感じてしまう時期が冬の寒い時期なのです。

そこで手っ取り早く、寒さ対策をする方法をご紹介します。

最近の新築や大規模リフォームの時の暖房は、効率のよいエアコンがよく選ばれています。
特に気温が氷点下になってもよく効く「暖房強化型エアコン」が人気です。

その理由は電気代もあまりかからず、効率的に暖めることができるからです。
でも、アレルギー疾患のある人にとっては空気が舞い上がるのであまり好きではない…という人も多いかと思います。

そのような方にお勧めしたいのは温水床暖房です。
暖房の基本は頭寒足暖ですが、その暖房の基本を活かすことのできるのが温水床暖房というわけです。
足冷えを防ぎ、自然な暖かさが生まれますのでお部屋空間をすごく快適にしてくれます。

一昔前までは、温水床暖房の熱源としてガスや灯油のボイラーが主流だったのですが、最近は原油高騰に伴い灯油も高騰していますから、主流になっているのは「ヒートポンプ式(電気)」というものです。
このヒートポンプ式であれば、効率の良さも相まって、オール電化住宅などにはとても最適だと思います。

一点だけ温水式床暖房で気を付けたいポイントがあります。
それはリビングだけ施工とか、この部屋だけ暖かくしたいとかいう風に温水式床暖房の範囲を狭くしてしまうことです。

そうすると各部屋の温度差が大きくなってしまし、部屋を出た瞬間に肌寒い寒さを感じてしまうことになります。

できるだけ家全体に暖かさがいき渡るように、せっかく温水式床暖房を導入するなら1階の床面積全体に入れるなどして、全館暖房するようにしましょう。


>注文住宅の間取りは建ててみないと分からないことばかり…

PR