蓄熱式暖房器の自然でキレイな暖かさの魅力とは…

室内の暖房として効率という点では落ちますが、意外に人気がある暖房器があります。

それは蓄熱暖房器です。
値段的にも温水式床暖房までの予算は必要なく、冬の寒さ対策として検討すべき暖房方法の一つだと思います。

蓄熱暖房機の仕組みはいたってシンプルで、オール電化住宅の安い深夜電力を利用し、 電熱線に通電して発生させた熱を耐熱レンガに蓄熱…昼間は通電せず、蓄熱した熱で部屋を暖めるという暖房方法ですが、蓄熱させるための電気は、安い深夜電力を使用するので経済的にもメリットがあり、しかも熱源が遠赤外線なので、ポカポカとした心地よい暖かさを室内に取り入れることができます。

寒さに応じて蓄熱量をコントローラーで調整でき、熱を自然放熱させるだけの単純な仕組みですが、暖房器具としてはとても効率的な方法だと思います。

また、魅力的なのは空気がクリーンなことです。
ガスファンのように燃焼させる暖かさではないので、室内の空気を汚さないし寒い冬に発生する結露の原因にもならないのが魅力の一つです。

肝心の暖かさについてですが、一言でいうと蓄熱暖房器の暖かさは陽だまりのようなポカポカした感じで、直接空気を暖めるものじゃなく、表面パネルが床、壁、天井を直接暖めるふく射暖房ですから、部屋全体がムラなく暖まり、陽だまりのような暖かさになります。

蓄熱式暖房器は、シンプルな構造でより自然な暖かさを低価格で獲得できる暖房器だと思います。


>新築住宅に備えておきたい冬の寒さ対策

PR