次世代省エネ基準にあった断熱玄関ドアを選ぼう

家づくりの中で家の断熱性能を高めることはとても重要なことです。
そのためには家全体を隙間なく包んでくれる、断熱性能の高い住まいアイテムを実現することが重要です。

その一つが玄関ドアであり、玄関ドアを選ぶ時は、特にその断熱性能について注意したいものです。

なぜかというと、せっかく断熱性能の高い住宅をつくっても、窓や玄関ドアなどの開口部に断熱建材を用いていなければ、本来の効果が期待できないからです。

最近は断熱窓を新築一戸建てに採用することが多くみられますが、玄関ドアについても同じように取り入れられるケースが増えています。

そんな玄関のことを、断熱玄関ドアといいますが、ドア本体内部にウレタンなどの断熱材を充填したり、枠に断熱樹脂や気密材が用いられているとても高機能なドアなのです。

そのおかげで冷気や暖気が家の中に入ってくる侵入や流出を抑えられるようになります。

断熱玄関ドアは一般的な玄関ドアよりも厚みが(60~80ミリ程度)あり、普通の玄関ドアよりも重厚になっている感じがします。

窓があるデザインだと、複層ガラスや合わせガラスなどが取り入れられていて、より断熱・気密効果が高められているのです。

それと同時に断熱玄関ドアは遮音性能が優れているのも特徴のひとつです。

ただ、断熱性能は住む地域によって若干違ってきます。
家を建てようとする地域が「次世代省エネ基準」のどの地域に適合しているのかを確認して、地域条件に応じた断熱仕様のドアを選ぶことが重要です。

なぜなら、国や地方自治体から補助金が出たり、融資や税制面での優遇を受けるなどのうれしいメリットがあるので、詳しくは住宅営業の担当者に確認しておきましょう。


>吹き抜けの間取り空間を暖かくさせるアイテム…

PR