注文住宅の家づくりで目指したい…そんな理想をかなえてくれる住宅会社

夏は涼しく、冬は暖かい…
そんな快適な住まいづくりは、特に注文住宅の家づくりで目指したい第一の理想だと思います。

高性能でありながらデザイン性に優れていて、しかもコストが安い…
そんな理想に最も近い住宅が今、注目を浴びていると聞きます。

ある週刊誌に掲載されていたのですが、「アール・プラス・ハウス」という住宅をご存知でしょうか?

この家の素晴らしさを知れば、今検討中のハウスメーカーや地元工務店と同じく、きっと検討対象に加えたくなるような住宅会社だと思います。

理由は一戸建ての家づくりの高い性能・技術にあります。

ご存知のとおり快適性と耐久性は、住宅の性能としてきわめて重要な要素です。

新築の見た目だけの見栄えがいいのはもちろんですが、夏に暑くて、冬に寒い…これではいくらデザイン性が高くても住まいとしては快適ではないし、耐久性に乏しければ補強工事などのメンテナンス費用が増えてしまいますよね。

室内の快適さを示す指標として、建物自体の断熱性能をQ値で示すことが普通ですが、このQ値が低いほど室内外の熱交換が少ないので断熱効果が高く、低いほど断熱効果が低いことを意味しています。

アール・プラス・ハウスの数値は2.0…。

この値は、国が目標として定める次世代省エネルギー基準を大きく上回っていて、しかも積水ハウスや大和ハウスなどの大手ハウスメーカーの公開値よりも大きく上回っています。

それだけではありません。

Q値は多くの住宅メーカーも性能を説明する上で用いていますが、アール・プラス・ハウスではもうひとつ、C値という値も開示しています。

実はここが大きなポイントなのです。


>大手ハウスメーカーが公開したがらないC値とは…

PR