最も効果的に家づくりのコストを抑える方法

家づくりのコストを安く押さえる方法は、いろいろな工夫や手法が介在します。
でも、一番効果的にコストを抑えられる方法って何だと思います?

延べ床面積を小さくしたり、キッチンやバスシステムなどの住宅設備のグレードを落とした入りすることも一つの方法ですが、そのなかでも最もコストに影響を与えるのが建築資材の調達コストです。

その調達コストの見直しを図ったのが、アール・プラス・ハウスという会社です。

各種部材のコストをいかに安く抑えるかで、ローコストな家づくりが実現します。

通常は問屋や商社を介して仕入れていますが、直接仕入れていることで大幅なコスト縮減を達成することも可能で、この会社はそういう取り組みをしています。

その方がハウスメーカーも無理せずに計画的に生産できますし、需要に応じた供給をよりバランスよくできるだけじゃなく、住宅設備や部材などをより安く仕入れることができるからです。

そんな、デザイン、性能、コストのすべての面でお客さんを満足させてくれる家づくりを、アール・プラス・ハウスという会社が実現させているのだそうです。


>増税時代の得した家づくり

PR