2階リビングのデメリットを解決する人にやさしい階段づくり

これから家を建てたいと考えている人の中には、2階リビングにしたいと構想を練っている方も多いと思います。

やっと見つけた眺めのいい土地の良さを、最大限に生かした住まいにしたい…
といったはやる気持ちは誰しもが持っているはずです。

しかし、2階リビングという住まいのあり方がすべてOKかというと、そうは言えなません。
もちろん2階リビングのもデメリットはあります。

家づくりをする際は、2階リビングのメリット・デメリットをしっかりと把握して、より理想的な間取りづくりを心がけることが必要です。

2階リビングで面倒なのは、階段の上り下りです。

その階段の上り下りの行動を面倒に感じてしまうか、ちょっとした運動にとるかで住まいの快適さはガラッと変わります。

では快適に上り下りできるような階段とは、一体どのようなものか、ご存じでしょうか。

2階リビングを間取りに取り入れる場合、普通の2階戸建てに設けられるような急で狭い階段を間取りに取り入れてしまうと、上り下りする際に大変苦痛します。

蹴板の幅が狭くて上り下りしにくかったり、狭いので圧迫感を感じてしうからです。

できるだけ勾配の緩い階段にすることで、ゆったりと上れますし、階段幅を広げると新たな空間を利用した本棚も設けることさえできます。

もちろん2階リビングの大きなメリットとして、日当たりや眺望が得られることは何事にも変えられない大きな特徴です。

その分プライバシーも確保できることは、とっても魅力だと思います。

加えて、寝室や子供部屋など壁仕切りの間取りが1階となることが多いので、壁量が増えて耐震性を高めることだって2階リビングは実現できるのです。


>2階リビングの快適性を向上させるアイテムとは…

PR