間取り、デザイン、操作性で選びたい新築一戸建ての窓

一戸建てに採用される窓の形にもいろいろあります。

「引き違い窓」だけが窓じゃなく、間取りごとにデザインや雰囲気にあった窓は何種類もあります。

では、どういう窓があるのか、代表的なものをここでは紹介します。

○ガラスルーバー窓
細いスリット状のガラス板が並んでいるタイプです。
室内のレバーを回転するとガラス板が連動して持ち上がり、そして開きます。
新築一戸建てを建てる際の1階に付けるときは、防犯のため「面格子」を付けた方がいいでしょう。

○上げ下げ窓
上げ下げ窓は、上下に窓が移動しますので、引き違い窓を縦にしたスタイルです。
窓にはバランサーという重りが入っていて、重りのバランスで窓が止まるようになっています。

○FIX窓
ガラスをはめ込んだだけので開かない窓です。
最近の建売住宅や注文住宅での採用が増えてきました窓です。
都市部などで日光を採り入れたい時に使用されたり、景観のための窓に使います。
また天窓にもよく使われ、「はめ殺し窓」とも呼ばれます。

○両袖片引き窓
真ん中にFIX窓があり、両脇に引き戸が付いています。
片側だけに引き戸があるタイプや、縦型滑り出し窓と組み合わせたものもあります。
真ん中にフレームがないので、同じ幅の引き違い窓よりも開放的に感じます。

○縦型滑り出し窓
ドアのようにヒンジで開くタイプの窓です。
細長い窓が出来るのが特長で、横長の滑り出し窓もあり、デザイン的にも操作的にもラクに開け閉めができます。

新築時の窓選びでは、その場所や間取り、そして雰囲気や操作性などさまざまな目的でどの窓がいいのかを検討してください。

窓選びに失敗しないように注意してください。


>窓を配置するコツは「上・下・縦・横」の組み合わせ

PR