吹き抜けのある一戸建て2階の温度を2℃下げる方法

夏場に、吹き抜けのある家の2階温度を2℃下げる方法があります。

それはシーリングファンと扇風機を活用する方法です。

シーリングファンの位置は天井からおよそ1メーターくらいが理想の位置です。

その位置だと気流が実に効率よく流れます。

しかし、天井から30センチとか、50センチしかない家をよく見かけます。

それくらいのところでシーリングファンが回っていれば、風で気流をかえられるのは3メータが限界…。

その状態で、2階の熱い空気を巡回させているだけで、かえって熱く感じてしまいます。

このような場合どうすればいいのか。

そこで使用したいのが扇風機。

1階の角に扇風機を斜め上向きで吹き上げるようにして回し、天井のファンを上向きにすることで、2階のお部屋の温度が2℃下がります。

我が家の一戸建てのリビングは、天井のおよそ半分が2階に抜けた吹き抜けです。

エアコンなしだと夏場で35度を越すような時もありますが、シーリングファンと扇風機のダブル効果で2~4℃下げることができます。

また、うれしいことに、この気流を逆向きに使用すれば、冬場の寒い時にも役立つのです。

2階へ上昇してしまった暖かい空気を1階に向ければ良いので、これで冬場の寒い日でも1階の温度は16℃くらいになり、冷暖房なしの生活です。

エアコンを付けっぱなすより、かなり電気代の節約にもなりますし、何よりも快適ですから、吹き抜けがあるご家庭は是非試してみて下さいね。


>何となくちぐはぐ感の漂う玄関ドア その原因は…

PR