何となくちぐはぐ感の漂う玄関ドア その原因は…

新築したばかりの家でよく見かけるのは、何となくちぐはぐ感の漂う玄関ドアです。

玄関ドアだけが妙に浮いてしまっている…
そんな残念なドアをよく見かけます。

なぜこうした失敗が起こるのかというと、家づくりの場面で家の外観イメージがしっかりとできていないからです。

家の外観イメージがチェックできていない…
これが最大の原因です。

そんな失敗を防ぐ方法は、家の外壁にあう玄関のイメージをチェックすることが大切。

チェックする方法として一番ベストなやり方は、ドア回りの壁面 ・ 床面 ・ 庇との素材や色合いのバランスを取りながら決めていく方法です。

「玄関ドア」 と 「回りの壁面」 のバランス…
これが住まいの印象を決める大きなポイントとなります。

そこで、家づくりで玄関ドアを選ぶ時に失敗しない、しかも玄関をグレードアップさせる玄関のコーディネート技について、玄関ドアと壁の組み合わせ方法をご紹介します。

まず、玄関ドアと壁の組み合わせのテクニックとして玄関周りを品よく見せる方法です。

その方法とは…
じつはグラデーションの組み合わせなのです。


玄関ドアまわりを造るときに失敗しない方法

PR