家の表情を豊かにする木製の玄関ドアの魅力

玄関ドアを選ぶとき、木製か金属製かで迷うことがあります。

そんな時、玄関ドアを選ぶときにピンとくるナイスな組み合わせって、あったらいいとお思いませんか?

家づくりにとても重要な玄関づくりの方法に、実はとってもいい組み合わせ方があるんです。

家づくりで玄関ドアをグレードアップさせるコツみたいなもので、木製玄関ドアをグレードアップさせる方法です。

それをご紹介します。

木製玄関ドアの特徴は、その温かみと重厚感が一番の魅力ですよね。

木製には温かみと何といっても味わい深さがあり、本物の木特有の重厚感はどんな家にも落ち着きとグレード感を十分すぎるくらいに与えてくれます。

よく勘違いされるのが、木製だからと火に弱い…
というイメージを持っている方がいるということ。

でも、木製玄関ドアが、火に弱いとか、決してそういうことはありません。

さらに、気密性・断熱性の高い木製ドア、防火地域で使える商品とかもありますので、性能チェックする時は忘れずにチェックすることが必要ですが、木という天然素材だからこそ、こまめにメンテナンスをすることで、季節感のなかで表情を変える経年変化を楽しむことができます。

そこで、重要になるのが日ごろのお手入れ…。

木製の玄関ドアを美しいまま長年保たせるなら、やはりメンテナンスは数年程度を目安に行なうようのが目安…。

また、、木製玄関ドアは風雨や日差しという過酷な自然から玄関ドアを守るために、庇(ひさし)を大きくするなどの工夫をすることで、年月が経つごとに間違いなく優しい表情豊かな玄関ドアになります。

木製玄関ドアの優れた特徴を知ると、家づくりのグレード感をアップさせることができますからおすすめです。


シーリングファンとサーキュレーターで夏冬の冷暖房効率をグンとアップしよう

PR