シーリングファンとサーキュレーターで夏冬の冷暖房効率をグンとアップしよう

吹き抜けの家は、間取りが広く感じられて、しかも開放感がありますよね。

だけど、冬場はその逆、寒さ対策が必ず必要です。

通常の一般的な住宅でも天井と床にはかなりの温度差がありますが、吹き抜けの家だとそれが顕著な温度差として表れます。

二階は暑く、一階は寒くなってしまうのです。

そんな問題を解決してくれるのがシーリングファンとサーキュレーターです。
 
シーリングファンは天井扇とも呼ばれていて、天井に取り付けるタイプの送風機のこと。

シーリングファンは効率的に家の中の空気を撹拌調整させ、家の中の温度を均一に保ってくれるというもので、アトピーやアレルギー性鼻炎などの疾患にも効果があるとされています。

実際に我が家の子供も重度のアトピーですが、その症状は和らいでいます。

このように高いところと低いところで温度差があると、不快感だけでなく、健康面にも被害を及ぼしてしまいます。

吹き抜け天井にシーリングファンを取り付けることにより、快適かつ健康的な居住空間を構築することが可能なのですが、冬場はどうしても寒い…。

そこで、併せて有効活用したいのがサーキュレーターです。

サーキュレーターはパワーが強く、1台で吹き抜けの家全体をカバーすることができます。

サーキュレーターの最大のメリットは設置場所を自由に決められという点であり、そして吸気効果が上昇して家全体に効率的に暖かい暖房や涼しい風を運んでくれるいうことです。

しかも夏場は窓際の網戸付近に設置すれば換気効果がとても上がり、換気扇としても使用できますからとても便利な1台です。


注文住宅で家を建てる前に注意しておきたいコンセントの位置4つのポイント

PR